乳酸菌と食べ物

乳酸菌を含む食べ物は、ヨーロッパのチーズやヨーグルトだけでなく、古くから世界各地にあります。
そこで、ここでは動物のミルクに含まれる糖から作られる「動物性乳酸菌」に対し、植物の糖から作られる「植物性乳酸菌」をご紹介したいと思います。
日本・漬物(ぬか漬け、しば漬け、たくあん等)、味噌、醤油、甘酒、なれ寿司。
韓国・キムチ(白菜、大根等の漬物)。
中国・ザーサイ(からし菜の漬物)。
インド・チャツネ(野菜と果実を煮込んだスープ)。
インドネシア・テンペ(豆腐を発酵させた食品)。
ドイツ・サワークラウト(キャベツの漬物)。
ヨーロッパ地方・サワーブレッド(酸味のあるパン)。
この他にも、世界の各地にはその地域の風土に根差したさまざまな乳酸菌を含む食品が作られ、食卓にのぼっています。
乳酸菌は持続的に摂り続けて効果が現れてくるものですから、、毎日の食生活に取り入れていきたいものです。
乳製品は苦手だという方や、いつも同じものばかりでは飽きるという方は、このような各地のバラエティに富んだ乳酸菌を含む食品を楽しみながら、健康的な食事を心がけてみてはいかがでしょうか。

モリンガ効果ナビ