手続きを進めよう

特定調停という手段も任意整理による処理と変わりなく各貸し手に対しての借金の支払いを継続することを選択した債務を整理する選択肢なのです。

わかりやすくいうなら裁判所が行う借金の整理と考えればいいでしょう。

 

この手順も任意整理による手続きと似ていますが、破産手続きと違って一定の借金だけを整理することができるため、連帯保証人が付く負債額を除き手続きする時や自動車ローンを除き検討したい際等でも適用することも可能ですし、財産を処分する義務はないので投資信託や住宅などの資産を持っていて、手放したくない状況でも有用な借金整理の方法となっています。

 

ただし、手続きを取った後の返済額と実際として可能な手取り額を比較し適切に返済の計画を立てられるようであればこの方法を選択することが可能ですが、破産手続きのように負債そのものがクリアになるということではないため元金の総量がかなりある場合などは、残念ながらこの特定調停という手続きを踏むのは難しいと判断することになるでしょう。

 

いっぽう、この解決策の場合は公的機関が間に入るため司法書士事務所などに頼まなくても立場が弱くなってしまう心配はないことや、解決するための諸費用を減らせるという益は魅力的ですが、貸し手のきびしい催促に自ら対応していくことになる点とか文字通り裁判所に数回おもむく手間がかかるなどといった注意点もあります。

 

なお、任意整理による解決との比較になりますが、和解が成立しないような場合は借入利息をすべて含めた状態で返していく必要があるといったことや結果的に貸方へ返す総額が任意による整理の場合と比べて増えてしまう傾向にある等のデメリットもあります。

 

次の記事も読んでね!!

  1. 手続きを進めよう
  2. テスト